レンタルサーバーとは?安いサーバーでWordPressを使えるものを探した

レンタルサーバー

こんにちは。ジュンです。

じゅん

アフィリエイトでサイトを作るために、安くWordpressで使えるレンタルサーバーを借りました。

ところで、

レンタルサーバーとは

レンタルサーバー

レンタルサーバーとは、自分のホームページのデータを預かってくれるサービスです。

自分のホームページデータ(ファイルや画像など)をサーバーに預かってもらえば、サーバーは1日中コンピューターが稼働しているので、ホームページを休みなく見ることができます。

 

レンタルサーバーは高いところや安いところ、無料のところもありますが、自分でホームページを使ってアフィリエイトで稼ごうと思うなら、レンタルサーバーも有料のところで、行ったほうがよいでしょう。

無料のレンタルサーバーの場合はいつ止まってしまったり、ページが消えたりするかわからないからです。

レンタルサーバーの種類について

レンタルサーバーを借りようとすると、いろいろな種類があります。

どのような連絡サーバーがあるのか確認してみましょう。

共用サーバー

共用サーバーとは、一台のサーバーを複数の人で共有して借りることです。

共有の方が、複数の人で使う為料金は安くなりますが、サーバーの設定は自分で変更することができません。

専用サーバー

1台のサーバーを専有して借りることです。

契約者が一人でサーバーを借りるので、サーバーの設定を自分で変更することができます。

そのかわり、料金もかなり高くなることが多いです。

VPS(仮想サーバー)

VPSとは、共用サーバーのように一台のサーバーを複数の人で使うのですが、1台のサーバーを領域で区切り、1台のサーバーのように設定するので、自由度は専用サーバーと変わりません。

そのかわり、料金は共用サーバーより高くなります。

 

レンタルサーバーが出来るところは上のようにたくさんありますが、

アフィリエイトをするなら

  • 料金が安い
  • マルチドメインができる
  • SQLが多い(無制限)
  • WordPress簡単インストールあり

などから調べて、より良いものを借りました。

アフィリエイトで使いたいレンタルサーバー

 

レンタルサーバーの比較(スペック)

レンタルサーバー マルチ
ドメイン
MySQL 自動
インストール
ロリポップ!
(スタンダード)
100個 30個
エックスサーバー
(X10)
無制限 50個
さくらのレンタルサーバ
(スタンダード)
20個 20個
バリューサーバー
スタンダード
無制限 無制限

※MySQLとは、Wordpressを使う時に必要となる、データーベース管理システムです。

WordPressをひとつ作る時、MySQLを1個使います。

そのため、アフィリエイトでサイトをたくさん作る時は、マルチドメインとMySQLは必須となります。

 

レンタルサーバーを比較してみると、一番ポイントになるのは、

マルチドメインと料金だと思います。

いくつもドメインを登録した時、限りがあった場合お金が掛かってしまうので、無制限の方がいいです。

 

それを考えると、エックスサーバーとバリュードメインが良いですね。

マルチドメイン

 

レンタルサーバーの料金

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 お試し期間
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円~ 10日
エックスサーバー
(X10)
3,240円 1,080円 10日
さくらのレンタルサーバ
(スタンダード)
1,029円 515円 14日
バリューサーバー
スタンダード
2,160円 360円 10日

上の表を見てもらうとわかりますが、料金が安くてワードプラスを複数やろうと思うなら、バリューサーバーが圧倒的です。

なので、まずはバリューサーバーを借りることにしました。

 

もちろん、Xserverは早くおすすめという声もありますが、

月額料金から見ても、初心者から見てみると、バリュードメインの方が安いのでこちらの方がいいのかなと思います。

ただし、中級者になりアクセス数が増えたときは、サイトが重くなったりする場合があるらしいです。

 

その時はレンタルサーバーを引越しすればいいでしょう。

レンタルサーバー 料金

 

それでは、実際にバリュードメインを借りてみましょう。

バリュードメインでレンタルサーバーを借りる

まずはgoogleからバリュードメインのサイトに行きました。

バリュードメイン

サーバーからバリュードメインを選択します。

バリューサーバー

3つのプランがありますが、

マルチドメイン無制限なので、

スタンダードを選択します。

バリュードメイン スタンダード

ちなみに、MySQL 5.5というのは、Wordpressの時に使うデータベースの事です。

この数も多いほうがWordpresをいくつも作れるのでお勧めです。

 

また、レンタルサーバーは10日間お試しとなっているので、

サーバーが合わない場合などは10日以内なら、無料で変更をすることもできます。

バリュードメイン

レンタルサーバーを申込!

※ここで、バリュードメインの登録が終わっていない人は、

バリュードメインユーザー登録画面に案内されます。

バリュードメイン

バリュードメインでアカウントを作成後、サーバーの契約になります。

バリュードメイン

アカウント名を決めて、レンタルサーバーを借りることができる!

バリュードメイン

ここに、お好きなアカウント名を入れて、「お試し登録」ボタンを押せば、

レンタルサーバーを借りることができます。

レンタルサーバー

レンタルサーバーでWordpressを使ってみた!

早速、借りたバリュードメインでWordpressを使ってみることにしました。

バリュードメインは簡単にWordpressと設定することができるので、初心者がWordpressを使うのも安心です。

バリュードメインのWordpress設定方法

WordPressを設定するには

  1. ドメイン
  2. データーベース

この2つが必要です。

今回は、

http://www.kozooo.biz/

このURLにWordpressを設定してみようと思います。

1.ドメイン

http://www.kozooo.biz/のドメインは「kozooo.biz」となります。

まずは、借りたレンタルーサーバーにドメインを設定します。

レンタルサーバー

バリューサーバーの「ウェブ」を押します。

レンタルサーバー

ここにドメインを設定していきます。

 

設定方法は、バリュードメインに書いてありますが、簡単に説明すると、

はじめの「Main」部分は、僕の場合バリュードメインから提供されたドメイン「giun11.s2.valueserver.jp」は使わない為「blank」にします。

バリュードメイン Mainの設定

これから自分が購入していくドメインは、Sub1~にどんどん入れていきます。

 

URLにwwwがある場合の設定

URLにwwwがあるときとない時で、設定方法が変わってきます。

今回使用するURLは「http://www.kozooo.biz/」です。

 

上記のようにURLにwwwがあるときは、はじめにwwwがある方を記入します。

バリュードメイン wwwがあるとき

その後、wwwが無い方を記入し、転送先URLを入力します。

バリュードメイン ドメイン設定

つまりお客様が、「http://kozooo.biz/」と入力した場合「http://www.kozooo.biz/」に自動転送させるわけです。

また「NoDir」とあるので、サーバー内に「kozooo.biz」このフォルダは作らない、ということにしています。

 

これで登録すれば、「kozooo.biz」このドメインは、

「http://www.kozooo.biz/」

で使えるようになります。

ドメインにWordpressをインストールする

ドメインにWordpressをインストールする方法は簡単にできます。

バリュードメイン コントロールパネル

先ほどのバリュードメインコントロールパネルから、

CMSインストールを選択します。

バリュードメイン

WordPressが表示されるのでクリックします。

バリュードメイン

設置場所にアドレス部分を入れて、インストールボタンを押します。

(設置場所が違う場合は各自で変更してください)

バリュードメイン

正常に送信されましたと表示されます。

実際にレンタルサーバーのFTPファイルマネージャで確認してみます。

バリュードメイン ファイルマネージャ

バリュードメイン ファイルマネージャ

ファイルマネージャにログインを押します。

ファイルマネージャ

バリュードメインのファイルは「public_html」に入っています。

ファイルマネージャ

「http://www.kozooo.biz/」の中にWordpressをインストールを入れたはずなのですが・・・

どうでしょうか?

ファイルマネージャ

ちゃんと、Wordpressが入っていました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA