被リンクを自演で増やす!Googleで検索順位が上がるのか?

こんにちは。じゅんです。

じゅん

今回このページでは被リンク自分のメインサイトに被リンクを送ろうと思っています。

はじめに、被リンクとは何なのか?分からない人もいるかもしれないのでご紹介します。

被リンクとは

被リンクとは、自分以外のサイト(外部のサイト)からリンクも貰う事をいいます。

Googleは被リンクを貰ったサイトは評価されていると位置付け、検索で上位にあげるようにします。

Googleはページの評価が上がることに

  • コンテンツ
  • 被リンク(外部リンク)

この2つを重要視しています。

 

最近は、コンテンツの事を多くいっていますが、被リンクをやめるとは言っていません。

なせGoogleは被リンクをやめるといわないのでしょうか?

Googleが被リンクをやめた場合ページのつながりが無くなってしまう

 Googleは、ページのデータを確認するために、クローラー(googleのロボット)を使って行っています。

 

クローラーはページのリンクを使って、移動しているのですが、

もしGoogleが「被リンクしなくてもよい」と言ったらどうなるでしょうか?

 

ページのつながりが無くなってしまう為、クローラーの移動手段がなくなってしまうわけです。

そうなると、Googleが色々なページのデータを保管するインデックスサーバーに、データを保管するのが難しくなってしまうのです。

 

そのため、ページとページをつなぐ被リンクが無くなるわけはありませんし、これからも、外部リンクは無いといけないのです。

不自然な被リンク(自演リンク)はOKなのか?

 被リンクが無くならないということは分かったけど、果たして不自然なリンク(自演リンク)はやってもいいのでしょうか?

 

これは、はっきり言うとダメです。

 

以前は、なかなかサイトがインデッスクされない為、他のサイトから外部リンクを入れてインデックスするという方法もできましたが、今はGoogleのサーチコンソールというツールもあります。

 

なので、本当は自分でリンクを入れたりする必要はないのです。

 

といいつつ、僕はいくつか被リンクすることがあります。

被リンクする場合
せっかく作ったサイトだけど、検索上位に行かなかった時

この場合は、他のサイトに被リンクを入れる場合があります。

このように少ないリンクを入れるだけなので、ペナルティを受けることは無いですが、検索で上位に上がることもほとんどないです。

被リンクチェック方法

自分のサイトに被リンクがどれぐらい入っているのか計測する被リンクチェックができるページがいくつかあります。

僕もよく使うのですが、

http://hanasakigani.jp/

https://neilpatel.com/jp/backlinks/

 

このふたつをよく使います。

今回は下で紹介した、

https://neilpatel.com/jp/backlinks/

こちらの被リンクチェックで、

https://www.mpuni.co.jp/

三菱鉛筆のTOPページを調べてみることにしました。

被リンク

リンクを受けた総数「58,146」

リンクをしているドメインの数「2,284」

三菱鉛筆は、アフィリエイトサイトではないので、

リンクのアンカーテキストも自然ですね。

 

アンカーテキスト

http://www.mpuni.co.jp/
えんぴつのナゾを解く
http://www.mpuni.co.jp/products/mechanical_pencils/leads/…
www.mpuni.co.jp/newsrelease/bn/press200110-2.html
鉛筆・色鉛筆 プロが教えるテクニック集|三菱鉛筆株式会社

などなど

被リンクを増やすためには

 被リンクを増やすためには、自然なリンクから増やすしかありません。

その為に多いのは、SNSからリンクを貰ったりすることが多いです。

ブログとかをみていると、Twitter、フェイスブックなどのアイコンを多く見かけることが多いと思います。

あれは、Twitterやフェイスブックからの訪問客を誘導する為です。

 

ただ、SNSからのリンクはNofollowとなっているので、Googleのリファラーは移動することができません。

そのため、SNSのアイコンを置いただけでは、検索上位になることは無いとの話です。

 

しかし、ページの中身が良ければ、お客さんはページをしっかり読んでくれるので、

それによって、Googleも評価してくれることは間違いないですよね。

 

つまり、ページの中身(コンテンツ)を重要視することがページを上昇することとなるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA