Expired Domains.netを使った中古ドメインの探し方

じゅん

中古ドメインを自分で安く探す方法を紹介します。

 

中古ドメインを探す方法は何通りかありますが、

一番探しやすい方法といえば、

https://www.expireddomains.net/(Expired Domains)

を使った中古ドメイン取得となると思います。

Expired Domainsとは、以前誰かが使っていたドメインで、

有効期限が切れたものの一覧を紹介しているサービスです。

 

ExpiredDomains.netは英語ですが、中古ドメインを大量に購入するなら、ぜひおすすめしたいサイトです。

中古ドメインを探す その1 Expired Domainsのユーザー登録

Expired Domainsはユーザー登録をしないと、

絞り込み機能や、お気に入り機能ができません。

 

まずは、ユーザー登録を行いましょう。

中古ドメインを探す その2 ドメインを選択する

はじめは、「.com」「.net」「.org」など

TDLと呼ばれる部分(拡張子みたいな部分)を選択していきます。

 

また、ここでは選択しないで

後から選択しても大丈夫です。

「Show Filter」を押して、細かく選択部分を選んでいく

Commonの設定

Donain Name Settings

Donain Name Settingsにある、「no Adult Names」にチェックを入れます。

ドメイン名にアダルトの名前が入っているものは入れないという事です。

 

Common SEO

Common SEOの設定です。

 

Backlinks

バックリンクの数を設定します。

多すぎるとペナルティがある可能性があるので「1000」以内としておきます。

最低数は10にしていますが、自分の好きな数でいいでしょう。

ACR

ACRとはarchive.orgという、サイトの過去の情報が登録してある巨大サイトがあるのですが、そのarchive.orgに何回登録されたのかのことです。

ACRが多ければ、サイトは頻繁に更新されていることの表れなので、人気のある証拠です。

また、ACRが少ない場合は更新が少ないため、サイトの内容(コンテンツ)が少ない可能性があります。

ACRは多ければいいのですが、以前のサイトは無理やりリンクを増やすことで、更新を増やすサイトもたくさんありました。

そのようなサイトはACRも多かったので注意が必要です。

 

Listing Setting

Listing Setting

はじめは、いつまでのドメインを表示するかです。

新しいドメインほど良いもの落ちている可能性が高いです。

なので、「only new last 24 hours」

(24時間以内)で選ぶのを基本として、

これでドメインがあまりなかったら、

時間を上げていくようにしてください。

 

only available domains

「利用可能なドメイン」という事なので「チェック」を入れてください。

 

domains per page

「1ページに表示するドメイン」最大の200にします。

 

Additionalの設定

Related Domains CNOBI(関連ドメインの数)
Total(トータル)

 

Adwords & SEO

Adwords Global

 

Majestic

Majestic(マジェスティック)
Trust Flow(トラストフロー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA